上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【スポンサード リンク】


今年6本目に見た映画は『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
人気のシリーズ。

ストーリーは国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が起こり、その後被害者が殺された状態で発見される。殺害に使われたのは、警察が押収した拳銃だった。捜査を担当することになった湾岸署だったが、青島ら捜査員には情報がまったく開示されない方針が決定。そんな中、第2の殺人が起き、続く第3の事件では真下の息子が誘拐されてしまう。

このシリーズは過去のシリーズと何らかのつながりを持って進行する。
人間関係、職場での役付け、過去から受け継いだ思いなど。。。
この関連性が映画のところどことに出てきて面白さを増している。
また、ストーリーもコミカル・シリアス・スピーディーで時間がたつにつれてのめり込んでいく。

今回のストーリーはこれらに加え『正義』の定義とは何かと課題を投げてきているように思えた。
簡単なようで難しいテーマ。
締めくくるには良いストーリーというべきか。。。

ただ気になるのは青島とすみれの関係。最後までどうなった?気になる関係で終わった気がする。
きっとファンの方からはその後についての問い合わせがあるのではないだろうか?

うまく説明できないが、見てて楽しかったのは間違いない。
もう一度見に行きたいくらいだ。

なんてな!w


【人気ブログランキングに参加中】
 この記事をご覧の方は1日1回のクリックのご協力をお願いします!(^^)!
 人気ブログランキングへ
 ↑クリックね。決して変なサイトにはいきません!!(残念ですか?^^;)
 
↑クリックね。よろしくね(●^o^●)



【スポンサード リンク】


テーマ:おすすめ
ジャンル:ブログ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。